FX会社で設定されている最低取引量とは

バナー

FX会社で設定されている最低取引量とは

FX会社では最低取引量を決めています。


これは会社によって違うので、資金をどれぐらい用意すればいいのかということも変わってきます。

一般的な会社の最低取引量は一万通貨です。
たとえば、ドルを売買するのであれば一万ドル、ユーロであれば一万ユーロということになります。

仮にドルの価格が1ドル120円であれば、120万円分の売買ではないと取引をすることができないということです。



ただ、日本円で120万円を口座に入金しないと取引ができないということではありません。
というのは、FXにはレバレッジというシステムがあるからです。

国内の会社の最大レバレッジは25倍なので、資金を5万円程度用意すれば125万円分の取引をできることになり、1万ドルの売買も可能になるわけです。
もし、一千通貨が最低取引量という会社で売買をするのであれば、必要な資金は一万通貨を要求する会社の10分の1ということになります。

エキサイトニュースに興味をお持ちの方にお勧めの情報サイトです。

なので、ドルであれば5千円程度用意すれば売買が可能になります。


なので、たとえば、あまり大きく儲けられてなくてもいいので、FXの売買を楽しみたいというのであれば、できるだけ最低取引量が低い会社で口座を開設するようにすればいいでしょう。取引量が低ければ低いほど、チャートの変化によって資金の増減の幅が少なくなるので、大きく損をすることもなくなり、その点でも安全です。

最初は一千通貨から始めて、取引に慣れてきたら一万通貨以上で売買をするという方法もあります。