トルコリラに投資するリスク

バナー

トルコリラに投資するリスク

トルコは経済成長が著しいとして、現地で使われる通貨のトルコリラに投資をする人が増えています。


金利が高いので、トルコリラ円でスワップ運用をすれば、金利の差額で利益が発生します。

しかしトルコを含めた新興国の通貨は、流動性が低いことから急に値動きをする危険性があります。



それまで積み重ねた金利が水の泡になってしまうので、リスクを考慮して上でトルコリラを購入するか決めます。

トルコが抱える問題には、政治不安があります。2015年6月に総選挙がありましたが。


与党の公正発展党で議席数が過半数を超えなかったため、安定した政治ができません。
公正発展党は連立政権を樹立することで、この局面を乗り切ろうとしていますが、党内の勢力争いなど解決するべき事案が多いです。

また経済成長も決して順調ではありません。

トルコリラ情報サイトを活用しましょう。

失業率は10%を超えており、トルコ中銀は金融緩和政策を行いたいと考えていますが、緩和することでトルコリラが相対的に安くあんり、それによってインフレが発生する可能性があります。高金利という理由で投資されているため、リラ安は今後も続くと予想され、高インフレを防ぐためにさたに国内経済を悪化させる恐れがあります。

さらに、トルコは地理的にリスクが高いです。

イスラム国は世界に恐怖を与える存在ですが、侵略しているシリアやイラクなどの中東諸国とトルコは非常に近いです。

これら国で戦争やテロが起これば、トルコも無関係ではいられず治安の悪化は貨幣価値を下げます。

朝日新聞デジタル関連情報を解説します。